糖尿病情報

糖尿病トピックス 2015/09/08 ヨーグルトを食べると善玉菌が増えやすくなる

「プロバイオティクス」とは、腸内細菌のバランスを整え、健康に有益な働きをする微生物およびそれを含む食品のこと。乳酸菌やビフィズス菌が代表。 人間の腸内に数百種類の腸内細菌が生息している。「善玉細...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2015/08/11 体重を毎日はかると減量は成功しやすい

体重を減らしたいと考えてるのなら体重を毎日測定するのは良い方法です。体重をはかりグラフ化し、増えたときには何が原因かを考えると、生活改善につながります。 コーネル大学のデイビッドレヴィスキー教授...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2015/07/14 合併症予防のための目標は「HbA1c 7%未満」

いままでの研究によって、より良い血糖コントロールを目指すために、(1)重症低血糖をきたさないようにしながら個々の糖尿病患者に応じた治療が重要、(2)糖尿病合併症の発症や進行を抑えるためには脂質異常症や...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2015/06/17 緑茶とコーヒーを飲むと心臓病や脳卒中のリスクが低下

緑茶やコーヒーを毎日多く飲むと、心臓病や脳卒中、呼吸器疾患などで死亡するリスクが低下することが、国立がん研究センターなどが実施している研究(さまざまな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などとの関係を明...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2015/05/18 肥満・高血圧・糖尿病のための外食時の注意点

週に2回以上を外食をする人は、肥満にならないように注意する必要がある。米国がん学会の調査によると、ファストフードなど外食を利用する人は、平均して1食で200キロカロリーを余計にとっている。また、体に悪...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2015/04/17 血糖値に反応して自動的に作用するインスリンが開発された

血糖値が高いときのみに作用する「スマートインスリン」を、米国のユタ大学の研究チームが開発した。通常のインスリンに比べより良好な血糖コントロールを得られることがマウス実験で確認された。 このインス...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2015/01/30 トランス脂肪酸 働き盛り世代の記憶力を低下

ドーナツやケーキなどの菓子に含まれるトランス脂肪酸を摂り過ぎると、働き盛りの年代で記憶力が低下するおそれがある。 バターの代わりに使われるショートにングやマーガリンは、植物油に水素を添加して処理...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2014/12/23 糖尿病とともに健康に生きるためには朝食をとること

糖尿病とともに健康に生きるためには朝食をとること 健康的な朝食によって、2型糖尿病の発症を減らすことができることが多くの研究によって確かめられている。2型糖尿病の発症が増えているのは、40~59...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2014/11/12 速歩きとゆっくり歩きを繰り返す運動法「インターバル速歩」

「インターバル速歩」は、信州大学の能勢博教授(スポーツ医科学)らが、中高年の健康増進の目的で開発した歩行法です。高齢者や体力に自信のない人が安全・効果的に行える運動として考案されました。2型糖尿病患者...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2014/10/30 2つの食事療法:低糖質食 対 低脂肪食間の差はわずか

カナダ・トロント子ども病院のBradley C. Johnson氏らが「JAMA」に報告した。食事療法について体重減少効果を検討するため、肥満(BMI25以上)の成人7,286例のデータを用い、非食事...(続きを読む)

糖尿病保険なら全共済(ぜんきょうさい)

お問い合わせ・資料請求はこちら 086-226-1800 086-230-0008

募集代理店 全共済株式会社
〒703-8281 
岡山市中区東山1-3-87・1F
TEL : 086-230-0008
FAX : 086-238-7680
お問い合わせフォーム
資料請求(無料)フォーム

糖尿病保険なら全共済 トップページへ戻る

このサイトはSSL(Secure Socket Layer)暗号通信技術を採用しています。セコムトラストネットより認証を受けております。