糖尿病情報

糖尿病トピックス 2016/09/14 「メトホルミン」メトグルコががん治療薬として

メトホルミンは1950(昭和25)年代から糖尿病の治療に使われており、60年以上の使用実績のある薬。米国では米食品医薬品局(FDA)が1990(平成2)年代に許可し、現在では糖尿病治療薬の第一選択薬と...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2016/08/08 脂肪の種類と寿命

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸 牛豚肉、ラード、バターなどに含まれる飽和脂肪酸は脂肪リスクを上昇させるが、これをオリーブ油、キャノーラ油、大豆油、ナッツ類などの植物油に置き換えると、健康によいことが、...(続きを読む)

糖尿病質問室 2016/08/08 血圧、糖尿病、動脈硬化、癌などに新薬がでて、いろいろな薬を飲んで本当にこれでよいのか…

血圧、糖尿病、動脈硬化、癌などに新薬がでて、いろいろな薬を飲んで本当にこれでよいのか迷ってしまいます。週刊誌にはさまざまな記事が出ていて何を信じたらよいのでしょうか。(65歳 退職後の夫婦) ほ...(続きを読む)

糖尿病質問室 2016/06/24 私は頭痛に悩まされている一人です。前のこともあり後ろのこともあります…

私は頭痛に悩まされている一人です。前のこともあり後ろのこともあります。いろいろ薬をもらいますが気持ち良く効いたことはありません。(60歳の女性) 頭痛にはいくつかの種類がある 頭痛の国際分...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2016/06/24 インスリン抵抗性の発症予防に脂肪組織の炎症を抑える治療法の開発が進む

2型糖尿病の原因のひとつである「インスリン抵抗性」は、肥満などが原因でインスリンが効きにくくなり、ブドウ糖が細胞に十分に取り込まれなくなった状態をさす。 インスリン抵抗性の発症に脂肪組織での炎症...(続きを読む)

糖尿病質問室 2016/05/18 糖尿病の治療を始めて5年になります。最近ベッドから降りるときにふらふらします…

糖尿病の治療を始めて5年になります。最近ベッドから降りるときにふらふらします。寝ていると頭を振っても目は回りません。(65歳の男性) 糖尿病の治療を始めて5年になります。最近ベッ...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2016/05/13 男性の骨粗鬆症を予防にウォーキングや筋トレを

骨粗鬆症は女性だけではなく男性でも増えている。中年以後でもウォーキングや筋力トレーニングを続けると、骨が丈夫になり、骨粗鬆症を予防できる。 骨粗鬆症で怖いのは、何かにぶつかったり、転んだりした拍...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2016/04/04 食前の蛋白質摂がビルダグリプチンの効果を高める?

オーストラリア・アデレード大のTongzhi Wu氏らは、メトホルミンを服用中の2型糖尿病患者22人を対象に、食前に蛋白質を摂取するとビルダグリプチンの効果が改善するかどうかを検討した。 検査で...(続きを読む)

糖尿病質問室 2016/04/04 認知症にはなりたくないと誰しも思っているでしょう。私もそれが心配です。認知症は予防できますか。(65歳の定年退職者)

認知症はなぜ起きるかを考える 細胞の老化によって神経細胞の働きは落ちます。その結果として物覚えが悪くなったり、判断力が衰えたりはしますが、病気によって起きる認知症とは違います。老化による障害は衰...(続きを読む)

糖尿病トピックス 2016/02/12 「メトホルミン」の寿命を延ばすアンチエイジング効果

糖尿病の治療薬として広く利用されている「メトホルミン」に、アンチエイジング(坑加齢)の効果がある---- メトホルミンを使い高齢者の寿命を延ばそうという臨床試験が、世界ではじめて米国で今年から行われる...(続きを読む)

糖尿病保険なら全共済(ぜんきょうさい)

お問い合わせ・資料請求はこちら 086-226-1800 086-230-0008

募集代理店 全共済株式会社
〒703-8281 
岡山市中区東山1-3-87・1F
TEL : 086-230-0008
FAX : 086-238-7680
お問い合わせフォーム
資料請求(無料)フォーム

糖尿病保険なら全共済 トップページへ戻る

このサイトはSSL(Secure Socket Layer)暗号通信技術を採用しています。セコムトラストネットより認証を受けております。