• トップページ
  • 糖尿病情報
  • 夜寝てからたびたび小便に起きるのがおっくうです。何か良い工夫はありませんか。(70歳の男性)

糖尿病情報

糖尿病質問室 2012/02/01 夜寝てからたびたび小便に起きるのがおっくうです。何か良い工夫はありませんか。(70歳の男性)


【 質問 】

夜寝てからたびたび小便に起きるのがおっくうです。何か良い工夫はありませんか。
70歳男性

【 回答 】

排尿の原理
膀胱から尿を排泄するには尿道を通ります。
膀胱の出口の筋肉が緩み、膀胱の筋肉が収縮し排尿を促します。さらに腹圧がかかり膀胱を押し付けます。この3段階では排尿が終わります。この3つの段階のどれかに障害が起こると排尿がうまくいかなくなります。
○排尿異常の症状は、尿の出る勢いがない、尿線が細い、排尿の勢いがない、最後の切れが悪い、一旦終わったと思ってもまたいきたくなる、残尿感がある、出たくなるとたまらなくなりもれる。
○女性は尿道は短く、そのために外陰部が不潔になると細菌が膀胱に逆流します。したがって外陰部を清潔に保つことはもちろんですが絶えず尿を排泄して尿の逆流を防ぐ必要があります。尿を我慢すると部講演になるのはそうゆう原理からです。
○男性は尿道の始まりの部分に前立腺があり尿道を取り囲んでいます。そのために前立腺が大きくなると尿道を圧迫して尿の出が悪くなります。

排尿困難をおこす病気
前立腺肥大、前立腺がん、膀胱弛緩症、膀胱結石、膀胱癌

前立腺の病気
前立腺炎、前立腺肥大、前立腺がん

前立腺肥大
60歳を過ぎると肥大が起こってきます。

前立腺がん
20年ぐらい前までは神経痛があり原因を探っているうちに前立腺がんであることがわかった例が多かった。数年前からPSAが登場してからスクリーニングで きるようになった。正常値は4以下だが少しでも上昇傾向があるとがんを疑って精査をします。精査は肛門から針を刺して数か所から組織をとり病理検査をしま す。PSAができた頃は少し数値が上昇してもお騒ぎをしましたが最近は前立腺肥大だけでも数値が上がることがわかり慎重に診断するようになりました。

排尿困難の治療
(1)排尿時の括約筋を弛緩させる薬。
(2)膀胱の筋肉を緊張させる薬、今はあまり使われない
(3)頻尿の場合膀胱の収縮筋を弛緩させる薬、残尿がない場合は過活動膀胱としてそれ専用の薬を使用する
(4)女性に多い尿失禁は薬のほか骨盤底筋のトレーニングを行う。

排尿時の心得
男性の場合腰掛便器で座っては排尿する、男性用トイレでするときはティッシューを持って入り最後の一滴をふき取る。

回答者  糖尿病専門医
医学博士   湯 原 淳 良 医師

糖尿病保険なら全共済(ぜんきょうさい)

お問い合わせ・資料請求はこちら 086-226-1800 086-230-0008

募集代理店 全共済株式会社
〒703-8281 
岡山市中区東山1-3-87・1F
TEL : 086-230-0008
FAX : 086-238-7680
お問い合わせフォーム
資料請求(無料)フォーム

糖尿病保険なら全共済 トップページへ戻る

このサイトはSSL(Secure Socket Layer)暗号通信技術を採用しています。セコムトラストネットより認証を受けております。